外来のご案内
外来のご案内

外来に関する情報は
こちらから

診療科目・専門外来・医師紹介・
受付時間・休診日など

入院・面会のご案内
入院・面会のご案内

ご安心して
入院できるように

各種お手続き・持ち物・
費用・面会など

健診のご案内
健診のご案内

健康な体でいるために、
人間ドック・定期的な健診を

各種健診の紹介・
予約のお申し込み

ハイパーサーミアのご案内
ハイパーサーミアのご案内

がんの温熱療法
ハイパーサーミアについて

ハイパーサーミア・がん免疫・
ワクチン療法について

在宅関連のご案内
在宅関連のご案内

在宅医療センターの
ご案内

在宅訪問診療・
在宅訪問診療の流れなど

ハイパーサーミアのご案内

診療時間

平日

午前:9時~12時まで (受付時間:8時45分~11時30分) 

午後:13:30~17:00まで(受付時間:12時30分~16時30分)

土曜

午前:9時~12時まで (受付時間:8時45分~11時30分)

休診日

日曜日・祝日

外来担当医表
外来担当医表
医師のご紹介
医師のご紹介
医療機関の方へ
医療機関の方へ
アクセス
アクセス
お問い合わせ
お問い合わせ
乳がんドック 予約する
友の会ご案内
法人広報誌「歩み」

ハイパーサーミアのご案内

がん細胞の性質

昔から、がん細胞が正常細胞に比べると熱に弱い性質であることは知られていました。これは、がん細胞は正常な細胞と比べて酸性であり、熱を加えるとさらに酸性に傾き、自ら死滅していくためです。 正常な細胞は40℃を超えると皮膚や筋肉が血流を増やして熱を逃がそうとします。しかし、がん細胞の血管は急造で神経支配がなく、熱が加わっても拡張することができないため放熱できずに熱がこもるのです。 正常細胞の血流は8から10倍になりますが、がん細胞は1.5倍程度で、さらに温度が上昇すると逆に血流が減少、がん細胞だけが高温になっていきます。

がんの温熱療法~ハイパーサーミア

そこで、がん病巣が43℃前後になるように加温すれば周囲の正常組織は41℃位にしかならないので、ほとんど障害を受けず、がん細胞を狙って死滅させることができるのです。
また、加温により正常な周辺組織の免疫機能が活性されることも分かってきました。通常より少ない量で抗がん剤の効果が上がる例や放射線治療との相性が良いなどの報告もされています。世界的にも「がん休眠法」への応用や「C型肝炎治療」など、温熱療法の可能性は広がっています。

現在、温熱療法が使われているのは、皮膚、頭頸部、軟部組織腫癌、乳がん等の表在性種癌、肺、食道、胃、肝、膵、子宮、膀胱、腎臓、直腸、前立腺等の深在性腫癌まで、脳、眼球以外のほとんどの部位に用いられています。 副作用はほとんどありませんが、個人差があり、加温中にピリピリと感じたり、ごく稀に低温やけどや水泡ができることがあります。

新札幌豊和会病院のハイパーサーミア

当院では、「サーモトロン-RF8」という医療装置を導入し、がん治療に活用しています。
「サーモトロン-RF8」でのがん治療は、専用の治療ベットに横たわり8MHzの高周波を使って二つの電極でがん病巣を挟むように加温します。一回の治療時間は40分で、週1~2回のペースで5~10回ほど行われます。

当院では日本ハイパーサーミア学会による認定医、認定技師の指導管理の下、「サーモトロン-RF8」を運用しております。治療法につきましては、単独療法、休眠療法、抗がん剤併用療法を決定しています。
また、通常であれば保険適用も可能ですが、現在、同一施設、同時期の混合診療(保険と保険外の同時診療)は行政に認められておりませんので、いずれかの選択が必要になる場合もございますので、まずはお電話でご相談ください。

日本ハイパーサーミア学会【詳しい情報が掲載されています】

ハイパーサミア