ペインクリニック外科

ペインクリニック外科

ペインクリニック外科について

痛みは急性期には身体の異常を知らせてくれる大事なサインですが、長期化するにつれて増悪し、有害な症状に変化してしまいます。放置すれば生活の質がだんだん低下してきます。
したがって原因が分かれば速やかに緩和し、「痛みの悪循環」を断つことが必要です。

ペインクリニックでは頭痛、三叉神経痛、帯状疱疹関連痛、頸肩腕痛、胸背部痛、腰下肢痛(変形性脊椎症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症等)、関節の痛み(肩関節周囲炎、変形性膝関節症等)、術後遷延する痛み、幻肢痛、複合性局所疼痛症候群、繊維筋痛症などの診断、治療を行います。

また突発性難聴、顔面神経麻痺、顔面痙攣、痛みのない帯状疱疹の治療も行いますので、お気軽にご相談ください。

診療のご案内