人工透析

人工透析

人工透析について

  当院では、2018年7月から透析ベッドを10床から4床増やし、合計14床になり、これまで以上に外来・入院の患者さまのご要望にお応えすることが可能となりました。

■ 透析センターのご案内

当院では、「骨・関節痛」「食欲不振」「かゆみ」「イライラ感」の改善などに効果があるオンラインHDFを全ベッドで導入し、増設した4床には、血圧低下の抑制と末梢循環障害の改善が期待できる最新のI―HDFを導入しました。医療安全の面では、万一の容態の急変の場合には、入院による治療を行います。また、シャント再建術が必要になった際などには、連携病院での速やかな対応体制を構築しています。そして、療養環境面では、3モーター医療用ベッドを導入し、患者さまご自身で自由に体位調整ができ、快適に透析を受けられる環境を整えています。このように、当院では患者さまの安全と治療効果を最優先としつつ、長時間にわたる透析治療をできるだけ快適にお過ごしいただけるよう全ベッドにテレビを備え付け(無料)ております。

厚別区・清田区・白石区等にお住まいで遠方の透析施設に通っていて不便を感じていらっしゃるような場合などには、是非ご相談下さい。

■ I-HDF(間歇補充型血液濾過透析)

透析膜を介して濾過・補充を断続的に行う新しいタイプの透析療法です。効果として末梢循環改善ならびに、透析中の血圧の安定効果、逆濾過による透析膜の洗浄効果 (膜の目詰まり, ファウリングの抑制) により溶質 (毒素) 除去率の亢進が期待されています。

■ 当院で施工可能な治療

・血液透析(HD)

・血液濾過透析(HDF)

・持続的血液濾過透析法(CHDF)

・白血球除去療法(LCAP)

・単純血漿交換(PE)

・腹水濾過濃縮再静注法(CART)

・二重濾過血漿交換(DFPP)

・血漿吸着法(PA)—ビリルビン吸着、LDL吸着、免疫吸着

・血液吸着法(HA)—活性炭吸着、エンドトキシン吸着、β2ミクログロブリン吸着

 

診療のご案内